2017年07月30日

毎月恒例の通院日散歩

今日は恒例の通院日散歩
暑いのでチョット考えたんだけど、頑張って行ってきた「浜離宮」です。
新橋から汐留のビル群の中のカレー屋さん。これが関係ないんだろうけど青山にあったカレー屋さんと同じ名前の「ビンディー」写真は撮り忘れました。青山のビンディーのプリ(揚げパンのようなもの)が食べたいな。
IMG_20170728_134151.jpg
中銀ビルは見るからに廃墟となりつつあるけど、建築史的にはきちんと残しておきたいような気がしますね。
IMG_20170728_140815.jpg
IMG_20170728_141612.jpg
浜離宮は来ている人の80%位が外国人でした。日本庭園と周りのビル群が今の東京っぽいのかな。
IMG_20170728_151033.jpg
IMG_20170728_151328.jpg
帰りは水上バスが出ていたので、それに乗って浅草まで行って帰ってきました。
IMG_20170728_154448.jpg
posted by web102 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月08日

北海道旅行(2)

津別に着いた夜から雨模様の天気で、翌朝の津別峠からの展望は屈斜路湖がやっと見える程度でした。仕方がないから弟子屈町営の展望台に行って見ていたら摩周湖方面の雲が取れてきているようなので行ってみる事にしました。
IMG_20170703_102638.jpg
IMG_20170702_111503.jpg
タイミングが良かったようで、摩周湖に着いたときは雲が高くなって湖全体が見晴らせるようになっていました。
IMG_20170702_111503.jpg
この日の夜は帯広の南なので、天気が良ければ阿寒湖を回る予定でしたが、釧路湿原回りに変更しました。
IMG_20170703_120850.jpg
IMG_20170703_120858.jpg
IMG_20170703_122744.jpg
湿原を抜けて釧路の街の昨日ペンションの奥様に教えてもらった地元の人が行く回転寿司屋でランチをして、海岸線を西に走り、牧場地帯に入り今は廃線になってしまった幸福駅に寄り最後の宿に向かいました。
IMG_20170703_163952.jpg
IMG_20170703_164736.jpg
RIMG0324.JPG
RIMG0327.JPG
最終日は近くの「花畑牧場」に寄ったのですが、早すぎたのか、まだ開いていなく誰も居ないのでそのまま千歳に向かいレンタカーを返して帰路につきました。
posted by web102 at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月07日

北海道旅行(1)

6月29日から6日間、北海道千歳から道央→道東の旅に行って来ました。
RIMG0260.JPG
時間に余裕を持って行ったつもりが、駐車場などで意外と時間を食ってしまい、搭乗締め切りぎりぎりで駆け込んだので、カウンターに今回の旅程の予約表など一式を忘れてきてしまいました(-_-;)
それでも、新千歳に着いてレンタカーのカウンターで名前を言うとすぐに確認出来て車は借りられてホット一息でした。借りたのは白のホンダNワゴン。軽自動車で北海道はどうよ?というのを試してみたかったのです。
RIMG0269.JPG
RIMG0267.JPG
RIMG0281.JPG
まずは今晩の宿のある富良野へ。泊まったペンションは窓からブドウ畑越しに町が見えてよい景色でしたが、泊まっていた他3組はすべて中国人でした。
とにかく富良野は中国人観光客が多かったです。
途中幻想的な青い池にもよりましたが、ここも中国人観光客が多くて騒がしい"(-""-)"
RIMG0285.JPG
翌日はまぁまぁの天気で、富田ファームなど富良野観光をして次の宿のある層雲峡へ。
RIMG0292.JPG
比較的天気に恵まれたので、大雪山ロープウエイとリフトを使って7合目まで行き展望台まで歩きました。
IMG_20170701_085540.jpg
IMG_20170701_085338.jpg
そして次の宿は津別です。今回船橋市と交流があって、青少年交流会で娘がホームステイをしてお世話になったお宅にお礼をしに行くのが今回の旅の目的の一つでした。
IMG_20170702_102633.jpg
IMG_20170702_091132_BURST001_COVER.jpg
IMG_20170702_091237.jpg
津別峠ではかなり雲が出ていたのであまり見晴らしはできませんでしたが、ここは美幌峠より500mくらい高く晴れた日には知床半島まで見てるそうです。
posted by web102 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記